盗聴器が見つかった際の対応

警察を呼ぶパターンがある

盗聴器が見つかって、誰が仕掛けたのか知りたいと考えたときは、警察を読んでください。
さすがに盗聴器発見をする業者でも、そこまでの対応はできません。
ですが自分1人で警察を呼んだり説明したりすることに、不安を抱いている人がいます。
業者のスタッフに付き添ってもらった方が、スムーズに説明できると思います。

スタッフは、きちんと最後まで立ち会ってくれるので安心してください。
その時に、良心的な業者だったら追加料金は発生しません。
調査を依頼する時の料金だけでなく、実際に盗聴器が見つかった時に追加料金が発生するのか調べなくてはいけません。
無駄な出費が発生しないように、気をつけましょう。
事前にべていれば大丈夫です。

工事の費用を知っておこう

壁の中に、盗聴器が埋め込まれているパターンが多く見られます。
回収するためには、壁に穴を開けなければいけません。
別の工事業者を読んで、穴を開けます。
小さい穴や、少ない数で済んだときは、追加料金が発生しません。
ですが盗聴器を回収するのにどうしても大きな穴を開けなければいけなかったり、複数の場所に盗聴器が仕掛けられて全てを回収するのに、たくさんの穴を開けるときは料金が発生します。

ほとんどの業者をでは、穴を開けるのにかかった費用が30000円を越えると、料金を請求するシステムになっています。
ですが料金が発生するからと言って、盗聴器を回収しないでそのままにしておくことは絶対にしないでください。
危険なので、必ず回収しましょう。


この記事をシェアする